【ノマドワーク】バンコクのコワーキングスペース(AIS D.C.)の初期登録について

manablogさんの記事を読み、自分も利用してみました。
【バンコク】神のコワーキング『TCDC』【爆速Wi-Fi・ノマド聖地】

私はバンコク在住ではありませんが、旅行のトランジットで良く滞在する予定なので年契約での登録にトライしました。

ですが、登録の際に必要な項目が当然あると予想されますが、あまり良く調べずにやってきてしまいました。
この記事は事前に知っておけば良かった項目をまとめてみました。

バンコクのコワーキングスペース(AIS D.C.)の初期登録について

結果として旅行者である自分でも年間利用者として登録することができました。
ただ、偶然条件をクリアしていたのでラッキーでした。

必要な項目

  • タイ国内の携帯電話番号(空港で購入したSIMの電話番号でOK)
  • タイの住所(ホテル可)

日本の携帯番号を入力したところ受付のお姉さんに「タイの電話番号が必須」と指摘されました。SIMの電話番号ですが、」iPhoneの設定に「Apple IDの電話番号を変更する」という表示がされます。

その先にSIMの電話番号が記載されてました。恐る恐る聞いたら、この番号で良いとのこと。

住所はホテルの住所でOKでした。「私は旅行者だけど大丈夫?」と何度か聞きましたが、特に問題ないとのことです。いつもタイに入国してからホテルを探すこともあるので、今回は事前に宿を予約していたのでスムーズでした。おそらくですが、これから泊まる予定のホテル住所でも問題はないかと思います。予約しているかどうかまでチェックはしてませんので。

その他、パスポート番号の入力とかあったような、、、記憶が曖昧ですいません。

その他

入館カードまたはスマホのアプリのバーコード表示のどちらが良いか聞かれました。なんとなくスマホアプリと伝えたら、アプリのダウンロードが必要です。SIMが遅くてアプリのダウンロードに割と時間がかかってしまいました。

あと細かい話ですが、入退場でそれぞれQRコードをかざす必要があります。管理は厳重です。

フリーランスエンジニアがPG(実装する人)からSE(設計する人)になってみた件

webエンジニアやってみてよかったか???キャリア12年の私が語ります