築古アパートの賃貸募集をジモティーに出したら申し込みがありました

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

今年はじめに購入した築古アパートですが、リフォーム後3ヶ月経過してやっと申し込みが入りました。

リフォーム直後からジモティーに載せており、問い合わせはいくつかありましたが、申し込みや内見はされずでした。

なぜこのタイミングで申し込みに至ったのか、深堀りしていきたいと思います。

ちなみに、私はジモティーで問い合わせがあったら、入居者の属性をヒアリングして問題なさそうな場合は管理会社に流します。内見や賃貸借契約はすべて任せているので、通常の仲介手数料・事務手数料は発生する認識です。広告宣伝費は日頃の感謝を込めて0.5だけ支払うようにしています。

築古アパートの賃貸募集をジモティーに出したら申し込まれた件

結論から言うと、家賃を下げ、入居者特典を設けただけです。

家賃を下げると言っても単純な値下げではなく、入居者にメリットが伝わるような内容が必要です。

入居条件について

家賃4万⇒3.5万

既存入居者は4万で入居してもらっていますが、そもそもこの家賃設定が高かったようです。もちろん気がついていましたが、リフォーム後3ヶ月は様子を観てみました。やっぱり入らなかったです。ちなみに部屋は広めの1Rです。

敷金礼金1、1⇒0、0

敷礼もゼロゼロにしました。これも周辺の築古アパートの相場に合わせて当然です。

ただし、ペットがいる場合のみ敷金1だけいただくようにしました。

初期費用⇒大家持ち

以下を大家持ちにしました。

  • 前家賃(初月、次月)
  • 家賃保証会社の初回費用(20,000円)
  • 家財保険(18,000円)
  • 仲介手数料(家賃一ヶ月分×消費税=38,500円)
  • 鍵交換費用(11,000円)
  • 事務手数料(家賃一ヶ月分×消費税=38,500円)

つまり、フリーレントMAX2ヶ月 + 126,000円を入居者にプレゼントした形です。

広告費(AD)

不動産管理会社さんに支払うADですが、ジモティー経由の場合は大家さんによって異なるようです。

人によってはゼロだし、1ヶ月だったり、とばらつきがあるようなので、私は間を取って家賃0.5ヶ月分を支払うことにしました。

ジモティーのオプションを使用

ジモティーの有料で使えるオプションはいくつかありますが、こちらは是非使ってください。明らかにアクセスが増えます。

今回は「定期リフレシュ」を適応させました。

まとめ

以上、家賃を5千円さげて、敷礼ナシ、初期費用ナシという条件にした申し込みが入りました。

これですぐに埋まるかというと、地方の人口流出の激しい地域なのでまだ時間がかかりそうです。徐々に埋まってくれればと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です