エンジニア客先常駐の案件を引き受ける前にブラックかどうかチェックする方法

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

特に常駐される方は気にした方が良いと思います。

現場は運」と尊敬するエンジニアの友人が断言したことを思い出しました。

それだけ重要な内容なのに、我々に与えられた機会は面談の30分しかありません。

その時間で相手の内面や現場の雰囲気まで見抜くのは不可能だと思います。

今回は私の経験上、ブラック現場に共通したわかりやすい特徴をお伝えしたいと思います。

かなり難しいですが、仕事を受ける前の判断に迷う場合は是非参考にしてみてください。

エンジニア客先常駐の案件を引き受ける前にブラックかどうかチェックする項目

トイレが汚い

オフィスを訪問した際は必ずトイレに立ち寄ってください。

以下の場合はブラックの確率が高いです。

  • トイレが汚い
  • 一応清掃はされているがリフォームした方が良さそうなくらい古い
  • トイレが一人分しかない
  • 男女が別れてない

小中学校や公衆トイレでも同じです。荒れてる学校や治安の悪い場所のトイレは使う気にならないくらい汚いですよね?オフィスも同じだと思います。

経営者が従業員のことを何とも思っていない証拠だと思います。

そもそもオフィスビルが古くて汚い

築古でもリノベーションされていれば良いです。

そうではなく古い作りで薄暗い階段・廊下な建物ってここに務める人も神経大丈夫か?って思われませんかね。

作業机と椅子が粗末

机はともかく椅子は長時間作業する人間にとって超重要です。

粗末な椅子だと腰を悪くするだけでなく、集中力も欠いてしまいます。

面談したついでにオフィスを見学させていただくか、無理ならさりげなく机や椅子の話題をふってみてください。「腰が痛くて椅子に気を配ってます」くらいのことは伝えても良いと思います。それを伝えた際の反応が冷たい場合はブラックな気がします。

こちらも働く人に気を使っているかのバロメーターとなります。

椅子が嫌だから3日で契約切った」という人も居るくらい重要な話だと思います。

職場が無音

音楽がかかっていた職場はこれまで数社ありましたが、とても良い現場でした。

やっぱり皆リラックスしているので適度な集中で仕事されてますし、コミュニケーションも物腰柔らかくなる傾向があります。

また音楽がなくても適度な会話や雑談が聞こえる現場も良いです。

ブラックな現場だと経営者や役員以外の人間だけ居る場合「しーーーーーん」としています。

フリードリンクがない、もしくは水だけ

こちらもブラック企業だと何もないか、有料の自販機がおいてあるだけの場合は要注意です。

自社のチャージ式カードでなければ決済できない現場なんてのもありました。働き手から徹底的に搾取する気マンマンですね。ちなみにそこはブラックでした。

ちなみに私が最近まで常駐していた現場は水、お湯、自販機2台がすべて無料!レッドブルも飲み放題!
オフィスグリコ、カップラーメン、アイスクリームは有料で常にストックされてました。

帰宅後にジムに行く場合は水のペットボトルを頂戴してましたw

これだけ充実してれば最高ですね。とても良い職場でした。

堅苦しいスーツの人と仕事する

スーツもオシャレなスーツの人でなくてカタイ感じのですね。あまりセンスを感じない、とりあえず着ているような人。

例外なくあたりのキツイ人でした。一人は上司、もうひとりは同僚でしたが、前者からは逃げ、後者は半年かけて追い出すことに成功しました。

自分が私服の企業ばかり勤めていたからかもしれませんが、そんな偏見を持っています。

笑顔で会話しない

面談でこんな奴が出てきたら、いくら高給でも断りましょう。

別に「常に」笑顔である必要はないですが、逆に「常に」しかめっ面する必要もないはずですよね?

本当に今どきこんな人が上司や会社経営をやっている場面を見てショックを受けます。

コーチングセミナーとか受けていれば多少は変わってくるはずなのですが、、、。おそらく社員や外部スタッフの定着率はかなり低いと思われます。

名刺をよこさない

面談で名刺すら出さない人がいて気になってましたが、入ってから納得しました。あまり良い人でなない可能性が高いです。

声が小さい

声が小さい人は勘定の起伏がなく常に一定の感じでお話になります。

他人と会話する場合は一旦はコミュニケーションモード(声を張る・笑顔)になる人なら問題ありませんが、最初から最後まで小声でネチネチ言う人だったら聞いてるだけで疲れます。

こういう人が面談に出てきたら、諦めて逃げましょうw

募集理由

欠員募集を頻繁にやっている場合は定着してない証拠だと思います。
ただ、SESの担当営業に聞いたほうが良いでしょう。

逆に事業拡大で増員の場合でも要注意です。
小さい会社に多い傾向ですが、新しく外部の人間を招き入れる体制ができてないのに社長の鶴の一声で入れちゃったみたいな時は、入った後にとても苦労します。自分は社内ツールのパスワードをいただけなくて半月間タスク管理をできてませんでした。そしてなぜかこちらが叱られる。

私物PCをもってこい

こちらはブラック率高いです。設備投資をする気がない証拠。

提供したPCのスペックが低い

こちらもブラック率が高いです。特にノートPCは持ち帰りできない位デカイのが与えられたりします。

オフィスで飲み会がある

これも判断迷いますが、定期的に飲み会がある現場は要注意です。

当番制とかだと自分が買い出しに行く番と忙しい時期が重なる場合も考えられます。

本当に従業員のことを思えば、仕事を圧迫するようなイベントはやらないはずだし、もしやるのであれば一番暇な上役が率先して会場づくり、買い出しを行うべきです。

ちなみに私の経験だと、社長のご意向で月一に必ず開かれるパーティーが地獄でした。誰も望んでないのに狭いオフィスに無理やりスペース作って、しかも定時前に開始予定だったが、社長の到着が遅れたため全員定時以降も待ち続け、そしてただただ社長のつまらない話を聞き続けるみたいなパーティーでした。

フリーランスエンジニアがPG(実装する人)からSE(設計する人)になってみた件

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です