ffmpegのビルドでLGPL化&openh264を使う【Centos編】

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

ライセンス的に微妙なのでffmpegのビルド方法を検討しました。

ffmpegのビルドでLGPL化&openh264を使う

公式ドキュメントの手順の一部を以下で置き換える

基本的には公式ドキュメントどおりです。

一部を以下で置き換えてください。

libx265は不要

LGPL化するのでlibx265は使えません。ビルドオプションで–enable-libx265は外してください。

libx264も不要、その代わりlibopenh264を入れる

こちらも同様です。ビルドオプションでは–enable-libx264ではなく、–enable-libopenh264を指定してください。

libopenh264は以下の手順でインストールします。

記事「CentOS 7: FFmpegをビルドする」を参考に以下を実行してください。

git clone https://github.com/cisco/openh264
cd openh264
Makefile内のPREFIX="$HOME/ffmpeg_build"に書き換える
make && sudo make install

ffmpegのconfigureは以下で実行する

まとめると、以下です。

PATH="$HOME/bin:$PATH" PKG_CONFIG_PATH="$HOME/ffmpeg_build/lib/pkgconfig" ./configure \
  --prefix="$HOME/ffmpeg_build" \
  --pkg-config-flags="--static" \
  --extra-cflags="-I$HOME/ffmpeg_build/include" \
  --extra-ldflags="-L$HOME/ffmpeg_build/lib" \
  --extra-libs=-lpthread \
  --extra-libs=-lm \
  --bindir="$HOME/bin" \
 --enable-version3 --enable-static --enable-shared \
  --disable-logging --disable-gpl \
  --disable-doc --disable-htmlpages --disable-manpages --disable-podpages --disable-txtpages --disable-avdevice --disable-postproc --disable-bzlib --disable-iconv \
  --disable-libxcb --disable-libxcb-shm --disable-libxcb-xfixes --disable-libxcb-shape \
  --enable-libfdk_aac \
  --enable-libfreetype \
  --enable-libmp3lame \
  --enable-libopus \
  --enable-libvpx \
  --enable-libopenh264 \
  --enable-nonfree

make & make install

webエンジニアやってみてよかったか???キャリア12年の私が語ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です