【ホテルレビュー】オールド キングズ フュッセン デザイン ホステル (Old Kings Fussen Design Hostel)

うぇぶ騎士

こんにちは、うぇぶ騎士です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

ミュンヘンからフッセンまで電車で移動しました。

電車の移動中、ミュンヘンで買ったばかりのリモワを眺めてはウットリ。

>> ミュンヘンでリモワを購入してフランクフルトで免税手続きした話

景色を眺めてもウットリ。

そうこうしているうちにフッセンの駅に到着し、時間短縮のためスーツケースをコインロッカーに預け、バックパックだけ背負ってバス移動しました。

お城観光をしてから宿へ向かったので到着は夜遅く。

オールド キングズ フュッセン デザイン ホステル (Old Kings Fussen Design Hostel)

物価が高いドイツでも3000円台で宿泊できる宿を探したらこのホテルのドミトリーしか選択肢がなかったです。

外観

agodaで予約

メルヘンチックな街並みの中をiPhone片手に歩いてたら到着しました。

ホテルっぽくないたたずまいです。

チェックイン

19時に到着したところ、宿のスタッフさんが迎えてくれました。
チェックインの際はパスポートの提示が不要でした。ミュンヘンでも不要だったのでドイツはどこも不要なのかしら。

諸々説明を受け、ベッドリネンを受け取って2Fのドミトリーへ移動しました。

部屋

ドミトリーです。2段ベッドが壁側に並んでいます。
12人部屋でしょうか?

ベッド以外は何もないので、荷物を広げたりできます。
大きな部屋なので嫌な感じはしません。

あと冷房はありませんが、私が滞在した9月中旬だと窓を開けたら十分涼しく不快さはありませんでした。
真夏だと暑いかもしれません。

ちなみに男女相部屋です。
なので写真を撮ることもできず。

注意
ドミトリーだとタオルが用意されていません。

シャワー

トイレの中にシャワーブースがあります。
荷物置き場や足拭きマットみたいなものはなく、諸々自分で工夫して入る必要があります。
まぁ、安いから仕方がない。

朝食

7ユーロです。

ドイツの朝食としては値段の割に良いと思いますが、日本人からするとやはり物足りないです。

周辺

夜はレストランかバーしかあいてません。それも深夜営業している店はほぼなさそうです。

スーパーマーケットはホテルから歩くこと6分程度で到着します。
朝8時位から営業してるので、こちらで朝食等を購入して食べても良かったかもしれません。

基本的にどこも石畳なのでスーツケースを転がすには不便です。

トータルコスト

宿泊費、税金、朝食で37.2ユーロでした。
1ユーロ122円換算で4,538円。

嬉しかったことと心残り

ドミトリーだとタオルの用意がなく、タオルを持ってなかった私はホテルのスタッフに助けを求めようと1Fに下りたのですが、 既に帰宅されてしまったようでスタッフさんの姿がありませんでした。 仕方なくタオルを求めて夜のフッセンの街を歩き回り、探しましたがバスタオルを調達できず。 諦めてホテルに戻ると個室にお泊りの日本人(母と娘)の方々が共有スペースにいらっしゃったので事情を話したところ、そのお母様の方からタオルを貸していただきました。 お陰でシャワーを浴びることができました。 翌朝私は少し早く起きてスーパーマーケットへ行き、せめてものお礼にと思いバナナとヨーグルトを買いました。 ところがホテルに戻った時には既にその日本人親子はチェックアウトされておりました。お礼ができなかったことが今でも非常に心残りです。 ですが、とても嬉しかった思い出です。

まとめ

オールド キングズ フュッセン デザイン ホステル
・ドミトリー泊の場合、タオルは自分で用意する ・冷房がないので真夏の時期の夜は窓開けても暑いかも ・宿のスタッフは夜19時過ぎに帰宅してしまう ・朝食は7ユーロ、ドイツの朝食としては普通だが日本人からすると割高かつショボイ
https://take-the-risk.com/2019/10/12/spg-amex/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です