【ホテルレビュー】【ヴュルツブルク】バーカードゥスハウス, タグンスツェントラム アム ドム (Burkardushaus, Tagungszentrum am Dom)

ローデンブルグから電車でヴュルツブルクへ移動しました。

2時間程度の移動だったでしょうか。割と早く最寄りの駅に到着しました。

Würzburg-Südという駅で降りてそこから徒歩移動しました。

リモワちゃん転がして移動し若干道に迷ったので20分程度で到着できました。

ヴュルツブルクはフッセン、ローデンブルグに比べたら都会ですね。

【ヴュルツブルク】バーカードゥスハウス, タグンスツェントラム アム ドム (Burkardushaus, Tagungszentrum am Dom)

agodaで予約

外観

ぱっと見ホテルっぽくないです。研修施設みたいな感じ。

しかし、ホテルの入口がわからず。

↑おそらくメインの出入り口と手前のインタホン

しかもドア手前にインタホンがある。

恐れをなした私は誰か入るのを見て学習しようと思い、ベンチに腰掛けてしばらく様子を伺いました。

しかし、20分程度待っても誰も出入りしないので、意を決してドアに近づいてみました。すると、、、

パカッ!

勝手にドアが空きました。 (┐「ε:)ズコー

こう見えて自動ドアでしたので、そのまま何事もなく建物内に入りました。

チェックイン

女性が二人奥でデスクワークされていて、呼んだらカウンターまで来てくれました。

なんかドイツの無愛想または適当な対応ではなくて、ちゃんとしているのに若干違和感を感じつつチェックイン完了。

宿泊する部屋までは「手前のエレベータで2階にあがって、廊下を歩いて隣の建物のエレベータで3階に上がってください」という旨を英語で聞いて理解できたときに自分の成長を感じました。

部屋

清潔で収納も沢山あって使いやすい作りです。
クローゼットの足元まで収納です!

そしてベッドの棚には聖書が。壁には十字架が。

後から知りますが、どうやらカトリック教会が運営している宿泊施設だったようです。

どうりで受付の女性もこれまでとは違う雰囲気だったわけだ。

トイレ、シャワーは写真を撮り忘れましたが、新しい設備というのもありますが清潔で適度に広くて使いやすかったです。

朝食

やはり冷たいメニューです。ゆで卵以外すべて冷たいです。

朝食は正直あまり良くなかったです。なので写真も撮り忘れる有様。

あとから知りましたが、エッグステーションで注文すればオムレツくらい作ってくれたようです。

受付のオバハンが奥にいるので呼ばないと来てくれないっぽいので要注意です。

周辺

東に行けばレジデンツがあります。

西に行けばマイン川、マリエンベルグ要塞があります。

ちょっと遠いですが、川を超えてさらに西にコインランドリーがあります。

Das Waschhaus – SB Waschsalon

私もこちらでやっと洗濯ができました。

洗濯機が3.5ユーロ〜と料金的にもお安い感じです。

ただ旅の貴重な時間を洗濯に費やすのは正直微妙でした。時間がある方にはお勧めします。

マイン川の橋近くのバー

皆さん橋が憩いの場のようで、夜になると立ち飲みする方々で賑わいます。

私も適当なバーでワインを買って飲みました。最初に9ユーロ位取られますが、グラスを戻したら5ユーロ戻ってきます。保証金込の金額のようです。

日本人が握る寿司バー Kham Sushi Bar

あとネットで調べたら日本人寿司職人が握る店があったので寄ってみました。

たかだか3週間の旅なのにもう日本食が恋しくなって入店してしまいました。寿司だけでなく日本酒、キュリのキューちゃんも頂いて大満足して店を出ました。

D.K.さん、その節はありがとうございました、とても美味しかったです!

トータルコスト

朝食込み1泊で67ユーロ。

1ユーロ122円なので8,174円。まぁ妥当な金額でしょうかね。

まとめ

  • ヴュルツブルクのバーカードゥスハウスは8000円台で清潔安全に泊まれる宿でした
  • 朝食のエッグコーナーはこちらから声かけてオーダーしましょう
  • 入り口はこうみえて自動ドア。近づいたら自然に開きます

>> ヴュルツブルクの宿を予約する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です