webエンジニアになるための勉強

質問者

エンジニア大家さんはどうやって勉強されましたか?

こんな質問を以前紹介させていただきましたが、今回はもう少し掘り下げて行きたいと思います。

自分は全く勉強しないでwebエンジニアとして入社しました。。

それから10年以上経過して今でも勉強しながら仕事してますが、

今回は駆け出しの頃に時間がない中で実践して良かったなと思えたことを紹介します。

webエンジニアと勉強

サーバー・ネットワーク

入社して最初に開発したサイトですが、
サーバー・ネットワークの方は先輩社員にやっていただき、
自分はアプリケーション開発にある程度専念しました。

ですが、知らない要素を潰しておきたいのと、
次の開発からは自分でもやる必要があり、
理解しておく必要がありました。

そこで以下のサイトの内容を実践しました。

参考 トップページCentOSで自宅サーバー構築

このサイトの上から順にすべて行った記憶があります。

手順が掲載されているのでほぼ迷いなく作業を完了し、動作検証が行えました。

最初の頃は理解してなくてほぼ写経に近かったかもしれませんが、
それでも動くものをつくれる確信があると精神的に楽になります。

MEMO
サーバーネットワークの基本的な部分は変化がさほどないので、一度学んでおけば長く使える知識となります。
ですが、CentOS6と7では結構色々変わってて、初めて7を触った時に以前使えたコマンドが使えなくなってて初心者に逆戻りしました。

以下の項目は重点的に行なってください。

CentOS初期設定

linux初心者はこの辺から慣れてください。

Webサーバーを公開する

事例はapacheではありますが、プログラミング言語と同様、一つ理解しておけば他のwebサーバーでも応用が効くと思います。

DNSサーバー構築

DNSサーバーも構築しておいたほうがドメインの名前解決の仕組みを理解しやすいと思うので、一応挙げさせていただきました。

独自のメールアドレスをつくる

こちらも必要ないと言えばないですが、メールサーバーの仕組みを理解しやすいと思うので是非やってみてください。

データベースシステムを作る

MySQLとMariaDBですが、必ず必要になる知識だと思うので、
こちらも最初に構築から学んでおいたほうが良いと思います。

アプリケーション開発

これに関してはアドバイスが難しいです。

自分は仕事しながらだったのでやることが決まってましたが、
これからwebエンジニアになろうとしてる人は何でもいいので自分でwebサービスを作ったほうが良さそうです。

そのためにはまず言語とフレームワークを決める必要があります。

言語とフレームワーク

例えば、なんとなく憧れている会社のwebサービスがrubyで作られていたらrubyとrailsを学ぼうとか、
とりあえず何でも良ければphpとLaravelをやるとか。

言語はともかく、フレームワークは流行り廃りがあります。

rubyはほぼrails一択のようですが、

phpはこの5年でLaravel(黄)が伸びて他は廃れました。
symfony(緑)は相変わらずほぼ一定。

画像:Google Trends 比較

私はCakePHP、Symfony、fuelPHPを仕事でやってきました。

流行り廃りがあるとどれを選択するか躊躇したくなりますが、こればっかりは仕方がないので諦めてます。

この結果を見たら私も次はLaravelを勉強してみようかと思いました笑。

まとめ

  • サーバー・ネットワークで必要な項目は手順をみながら構築してみましょう
  • アプリケーション開発は言語とフレームワークを決め、何かしらのwebサービスを作ってみましょう
webエンジニアやってみてよかったか???キャリア12年の私が語ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です