【webエンジニア】『客先リモート常駐』はオススメです

【webエンジニア】『客先リモート常駐』はオススメです

こんにちは、エンジニア大家です。

先日の記事webエンジニアのリモートワークって働きやすいの?で「リモートワーク」についてお話しましたが、客先常駐とリモートワークの中間のような働き方があります。

個人的にはこの働き方がベストだったような気がしますので、記事にしました。

webエンジニアの『客先リモート常駐』はオススメ

客先リモート常駐』とは私の造語です😁

上の図のように、客先には通わず所属しているSES企業に通っています(自分の机とPCがある)。

以下、もう少し詳しく説明します。

同僚と仲良く過ごすことができる

SES企業のオフィスには同じ案件の同僚もいれば、異なる案件をやってる人もいます。

でも同じ会社の人なので、時々おしゃべりしたり、飯食いに言ったりします。

失礼な話ですが、自分と同じ案件をこなしてる同僚とは共通の敵(お客様)がいるので比較的団結できます。

また、自分と異なる案件をやってる同僚とは利害関係がないのでほどよい距離感で接することができます。

客から見えない

これはかなりのメリットです!

客先常駐だと常に監視されている感がありストレスが溜まりますが、

SES企業で仕事をしているので客からは何も見えません。音楽聞きながらやっても問題ないです。

気軽に席を立ってトイレに行ったりコンビニ行ったりできます。

MEMO
時々聞くのですが、客先常駐していたら、トイレの回数や離席した時間を分単位で計測されていたなんてキ○ガイ客も居るようです。
そんな酷い現場はさっさと逃げましょう。

意外に謎!?webエンジニアのフリーランスの求人情報はどうやって得るの?

定時で逃げられる

先日の記事webエンジニアのリモートワークって働きやすいの?でも記載しましたが、

チャット越しに「すいません、今日は予定があるので失礼しますm(_ _)m」と伝えてPC落とせば業務終了です!

もちろん状況にもよりますが、明日に回しても問題ない場合は躊躇なく行動できると思います。

正直、残業が発生する場合は多くがスケジューリングの失敗です。

残業に期待して仕事をやらせるような客が悪いと私は思うので、さっさと帰って英気を養いましょう。

「自分の実力が足りないから」と思っているなら、その実力で達成可能なスケージュールを組んでくださいと伝えましょう!

それが叶わないようなら現場を変えて良いと思います。

SES企業の福利厚生を受けられる

私が所属しているSES企業だと自販機飲み放題ですので、こちらに通うメリットは大きいです^^;

あと冷蔵庫や電子レンジを気兼ねなく使えるし、休憩ルーム的な場所もあるので非常に快適です。

客先常駐だともし自販機飲み放題だったり電子レンジなどが用意されていたとしても、なんか気まずいので使うのをためらっちゃいますよね。。

デメリットもあります

デメリットもあるので記載します。

まずチャットやプロジェクト管理ツール(バックログ等)でのテキストのやり取りがコミュニケーションの中心となりますが、

複雑な状況を説明する場合に書く方も読む方もとても苦労します。

『慣れ』の問題といえばそうなのですが、一向に「慣れることができない人」が一定数存在してしまいます。

説明がやたら長い人

要約すれば2行で済む話を50行くらいで記載する人がいました。

客先の人だったので最初は遠慮していましたが、だんだん腹が立ってきたので、

「上記を要約すると〇〇〇ということです」

というふうに後から読む人のために自分が要約した文章を載せるようにしました。

すると、

客先企業の人

ううぅ、文章長くて申し訳ないです。。

というコメントが入ったので、ご本人は気がついていたようです。少し気の毒な気がしました。

宇宙人

これも先日の記事webエンジニアのリモートワークって働きやすいの?に載せましたが、会話が全く噛み合わないケースです。

プロジェクト管理ツール(バックログ)でこちらから質問をしたけど、回答にその答えが全く記載がないので、

「先ほどの質問の答えが記載されてませんので、もう一度質問させていただきます。先日の○○○の件は☓☓☓という認識でよろしいでしょうか?」

と逃げられないような文章で2度目の質問をしたのですが、二日後に違う人から回答が届きました。

代理の回答者

口頭だと答えられるけど、文章だと答えられないということなので代理で私が回答しました

とチャットで連絡がありましたので、

やはりテキストコミュニケーションが不得意な方は存在するようですね。

文字でキレられる

「〇〇〇はまだでしょうか?」みたいな催促系の文章を記載する時は注意が必要です。

本当に急いでいる時以外は、

「〇〇〇の件ですがまだ要件まとまってませんでしょうか?😅 特に急いでませんが、現在手が空いてるので聞いてみました。まだ時間かかるようでしたら他のタスクやります。」

みたいに面倒でも少し柔らかい印象をもたせる文章にしたいですね。

特に立場が上の人程丁寧にするべきです。

なぜなら相手が言い返してこないので内心キレてる可能性もあるので、後々面倒です。

ちなみに逆の場合わかりやすいので、

あ”あ”、今要件まとめてんだよ、黙って指くわえて見てろコノヤロォォォォ!

次から気をつけましょうw

まとめ

繰り返しになりますが、『客先リモート常駐』はオススメです。

そんな案件ないよぉ!、という声も聞こえてきますが、たしかに少ないです。

私の場合の話ですが、最初は数週間〜数ヶ月客先に常駐してある程度慣れてから自社でのリモート勤務を認められました。

最初の面談の際に「いずれリモートでやらせてくれませんか?」と打診しておくと良いと思います。

フリーランスとして独立してから3つの現場行きましたが、そのうち2つはリモートOKでしたので、可能性はあるはずです。

webエンジニアやってみてよかったか???キャリア12年の私が語ります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です