【フリーランス案件の切れ目】ミュンヘンからフランクフルトまで旅した話

ミュンヘンからフランクフルトまで旅した

こんにちは、エンジニア大家です。

昨年9月が案件の切れ目で暇だったため、20日間旅行に出ました。

フリーランスエンジニアが案件の切れ目に長期旅行した話

その際にドイツのミュンヘンからフランクフルトまで電車で移動したときのことを記事にしたいと思います。

案件の切れ目で暇してるフリーランスの方は是非参考にしてください。
需要少なそう、、、

【フリーランス案件の切れ目】ミュンヘンからフランクフルトまで旅した話

なぜドイツへ行きたかったかと言うと、、、ズバリ、リモワのスーツケースが欲しいだけでした!

リモワオリジナル

現地だと格安で購入できるので。。

詳しい内容は以下で。

ミュンヘンでリモワを購入してフランクフルトで免税手続きした話

というわけで、最初の訪問地ミュンヘンでリモワを買うのが目的で、それ以外はおまけでした。

ロマンティック街道

ロマンティック街道はご存知でしょうか?

日本ロマンティック街道」は群馬エリアのスキー場に行く人はよく知ってる道だと思いますが、

参考 日本ロマンチック街道日本ロマンチック街道協会公式サイト

本場はドイツでしたw

南ドイツを縦断するロマンティック街道ですが、最初はバスで移動するつもりでした。

しかし、バスを運営する企業が変わったとのことで、以前のように毎日運行ではなくなりました。

これを知ってからはどうやって移動しようか悩みましたが、案外すぐに解決しました。

電車での移動

海外の鉄道って情報が少なかったり時間通りに運行しないイメージがあるのであまりピンと来ませんが、
ドイツ鉄道(DB)はそんなこともないです。

ドイツ鉄道はwebサイトがとても充実しています。

電車の時間や料金の調査だけでなく、webでチケットも購入できました。

操作方法

DBのページで検索できます。

以下のように、fromとtoの駅名と日時をいれて「search」を押下してください。

検索結果が出てきます。「show details」を押下すると詳しく見れます。

詳細をみると停車駅や乗り換えの時間まで出るので超安心!

参考 Cheap Train Tickets Deutsche Bahn

ちなみにミュンヘンは「munchen」よりも「munich」という表記が多いのでご注意を。

停車駅や乗り換え時間も表示されるので旅人ならばこの上ない安心感があります。

都市部はフリーパスあり

ミュンヘンやフランクフルトといった都市部だと「乗り放題」チケットが買えます。
国鉄、地下鉄、トラム(路面列車)、バスも乗れるので積極的に活用したほうが良いです。

難点は空港から市街地や少し郊外に出ると適応外になってしまうことです。
検札はめったに来ないですが、もし正規のチケット買ってなかったら面倒なのでご注意を。

ちなみに私は誤って急行(ICE)に乗ってしまって、検札員に「次の駅で降りろ」と言われしたw

ミュンヘン⇒フッセン

電車移動で2時間程度です。

フッセン⇒ローデンブルグ

5時間弱かかります。乗り換えも3回程あるので、気を抜けません。

ローデンブルグ⇒ヴュルツブルク

1時間ちょっとです。乗り換えはありますが、フッセン⇒ローデンブルグに比べたら難易度は低い。

ヴュルツブルク⇒フランクフルト

こちらも1時間ちょっとです。

「フランクフルト」と名の付く駅名が多数あるので要注意!

私は一つ手前で下車しちゃいました。

まとめ

  • ロマンティック街道バスの日程が合わなければドイツ鉄道で行きましょう
  • ドイツ鉄道のwebサイトで運行確認をしましょう(クレジット決済、特にアメックスはwebでチケット購入までやったほうが良い)
  • 乗り放題券と適応エリアは複雑なのでご注意を!

こちらの記事も是非お読みください。

フリーランスエンジニアが案件の切れ目に長期旅行した話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です