室内物干しをホームセンターのパーツで自作した件

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

室内物干しって便利ですよね?

新築アパートを内見に行くと必ずあるアイテムの一つです。

amazon等でも売られているので取り寄せてアパートの空室に取り付けたりしていたのですが、
強度が弱く、特に壁に打ち込んだアンカーボルトが抜けてしまい、入居者に直せボケと呼び出されることもしばしば。

そして金額も一台2500円と結構高いです。

ですが、ホームセンターの部品を使えば安くて強度の強いものを作れます。

室内物干しをホームセンターのパーツで自作した

部品

  • 台座付きフック(両端2箇所)
  • 長さ調節フック
  • 4mmワイヤー(壁間距離+25〜30cm程度)
  • ワイヤー固定金具(両端2箇所)
  • ワイヤー端隠し金具(両端2箇所)
  • コースレッド75mm

細かい内訳を忘れてしまいましたが、合計1500円以下だったと思います。

ワイヤーの長さですが、壁間の距離からフック付き台座と調節フックの分を除して計算してください。
その距離にプラス25〜30cm足してください。ワイヤー両端に輪っかを作って固定するためです。

ワイヤーの輪っかを固定する部品ですが、あまり良い写真ではありませんが以下参考に。
U字の金具をボルト2箇所を締めて固定する仕組みです。

フック付き台座の固定ですが、下地を探して打ち込んでください。

ネジは75mmもあれば十分だと思います。

下地探しは結構面倒だし最初はコツが必要ですが、頑張ってみてください。

またワイヤーを最小ロットで購入すると高くなるので、長い数量で購入して必要に応じてワイヤーカッターで切り出して使用するのが良さげです。

数部屋分まとめて設置したい場合ではコストダウンにつながると思います。

ワイヤーカッターもそれなりに高いので、
設置箇所が少ない場合はホームセンターで切り出して最小単位で購入するのが良いです。

感想

強度の強い室内物干しが格安で設置できました。

バルコニーの近くに設置すれば、移動距離が短くて便利です。
とっさの雨でも洗濯物をすぐに移動できます。

みなさんも是非お試しください。

不動産投資についてnoteにまとめました。もしよろしければ買ってください😭

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です