和室一部屋3.3万円でフローリング床に改装した件

和室一部屋3.3万円でフローリング床に改装した件

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

最近はもっぱら昨年購入した築35年の築古戸建てをリフォームしております。

今回、畳からフローリングの床にする工事を33,000円で実現できたので記事にしました。

和室の部屋って賃貸で人気ないので、私が所有する和室の部屋はすべて洋間に変更してきました。

フロアタイルを敷設するよりも安価で質が良いフローリングですが施工が比較的難しく、

自分では技量が不足しているので、大工さんにお願いしました。

施主が材料を支給し、また自分も一緒に働くことでコストカットした感じです。

33,000円で和室をフローリング床に改装した件

前提条件

33,000円の内訳はこんな感じです。

  • フローリング材6畳分15,000円(カインズホームで最安の商品)
  • 根太材6,000円(30×40の木材)
  • 大工さん12,000円(日当24,000円で二部屋なので半額、またタッカー・コンプレッサー等の道具レンタル込)

既存の畳の廃棄は自分で捨てました。

大工さんが所有しているタッカーやコンプレッサーなどの電動工具は日当代に込でお借りしました。

消耗品(タッカーの針、根太ボンド、木工用ボンド、マスキングテープ、コーキングボンド、コースレッド75mm等)は事前に大工さんから聞いて調達しておきました。

あと自分も大工さんのサポート役を行う前提で動いてもらいました。

必要な道具なんかを言われたらすぐに出したり、丸ノコ使うときに部材を押さえてあげたりと。

施工開始

根太を敷設

根太の方向は下の根太とクロスする方向で敷設しました。

写真の6畳間の場合以下のような構造になります。

-(4層目)フロア材(短手方向)
-(3層目)根太(長手方向)
-(2層目)床材
-(1層目)根太(短手方向)

1Fの和室は残念ながらフロア材が短手方向になってしまいました。
本来長手方向にしたほうが部屋が広く見えるのですが、仕方ないですね。

断熱材

1Fだけは断熱材を入れました。カインズホームですでに切られたスタイロフォームが3,600円程度で売られていたのでそちらをはめ込みました。

しかし、なぜか少し足りず(写真左側は断熱なし)。

素人仕事

大工さんが1Fのフロア材を貼ってる間に自分は2Fの根太を敷設し始めました。

ですが寸法を誤って敷設してしまい、あとからやり直しとなってしまいました。

もう少し修行してからお手伝いしたほうが良かったです。

築古ゆえの歪み

2Fの和室の吐き出し窓の手前あたりに大きな隙間ができてしまいました。

こちらはコーキングで埋めるわけにもいかず、大工さんに余ったフロア材を加工してもらってタッカーで固定しました。

写真あとでアップします。

騒音

フローリングの施工は思ったよりも音が出ます。

丸ノコやタッカーの音よりもフロア材を叩いてはめ込む際の音がうるさいです。

今回、二部屋の施工で途中おしゃべりや私の施工ミスのため遅くなってしまい、
二部屋目の終了が夜8時になってしまいました。

そのため隣の家から軽く苦情が来てしまったので、次回からは遅くとも18時には終わるようにしたいと思います。

まとめ

  • 大工さんに日当で働いてもらうとコスト安
  • 大工さんの道具も借りれるのが良い
  • 知り合いだとどうしてもおしゃべりしてしまうので要注意
  • 築古だとどうしても隙間ができてしまうのでひと手間必要になる
  • 根太を敷く際は正確に寸法を測って行いましょう

大工さんとの交渉のコツ

日当で動いてもらえるような大工さんに交渉してみてください。

自分は日当24000円でお願いしました。

ちなみに一日で二部屋施工してもらうのは結構嫌がられます。

賃貸なのでそこまでクオリティーは求めません!隙間はコーキングで埋めます!!

くらいの言葉は事前に伝えておいたほうが交渉しやすいと思います。是非トライしてみてください^^;

不動産投資についてnoteにまとめました。もしよろしければ買ってください😭

また築古不動産投資に興味がある方はこちらも参照してください。

webエンジニアが築古アパートを経営してみた結果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です