[セルフリフォーム]和室砂壁に壁紙貼る場合の下地はベニヤ板・パテのどちらが良いか?

エンジニア大家

こんにちは、エンジニア大家です。

webエンジニアをやりながらアパート経営をしております。

昨年セルフリフォームした戸建ては砂壁+ベニヤ板+壁紙という仕上げでしたが、
今回は砂壁+パテ(下パテ、上パテ)+壁紙という方針で施工しようと考えました。

ネットや知り合い大家を調べるとベニヤ派、パテ派に意見が分かれるようです。

自分は比較するためにはどっちも試してみたくなり、今回はパテ処理をしてみました。

和室砂壁に壁紙貼る場合の下地はベニヤ板・パテのどちらが良いか?

施工順序

  • 砂壁にシーラー塗布
  • 下パテ処理
  • 上パテ処理
  • 壁紙貼り

新たに調達した道具

パテは混ぜるのが辛いですが、今回は壁一面に塗るので大量に必要です。
そのために撹拌棒を購入しました。

インパクトドライバーに取り付けて撹拌できます。

壁紙の糊やインスタントセメントなどの撹拌にも利用できるので買っておいて損はないです!

効率良いやり方を実行して失敗

最初はYoutubeで見つけた方法でやりました。
パテをローラーで一気に塗りつけて後からヘラで均一にする。
Youtubeでは職員さんが上手にやってましたが、自分だと表面にムラができすぎてガッサガサになりました。
大失敗です。

おそらく自分がチョイスしたパテの品質がローラーに向いてないだけかと思いますが、方針を変えることを決断しました。

パテ塗りには技術が必要

ローラー塗りつけ作戦の失敗を経て、ヘラで適量を塗っていく方針に変更しました。

ヘラで施工してる写真を撮り忘れてしまいました。どんなヘラを使ったかは商品リンクを参照してください。

厚みが1mm以下の薄いヘラだとしなるのでパテを塗りやすいです。そして幅が広い方が一度に多く塗ることができるので時短になります。

これも慣れが必要でして、最初は全然うまく塗ることができず、ムラが出まくりでしたが、徐々に均一になっていきました。

そして時間も最初はかかりすぎでした(1×2mに1時間とかw)が、後半は10倍早くなったと思います。しかも綺麗に。

ヘラの扱いに慣れてないとパテを落としたり木枠につけてしまって後に掃除が必要になったりと、心が折れそうになりましたが、このやり方が地味だけど確実に施工できるなと今は確信しております。

下地が目立たない壁紙でリカバリー

パテ処理に問題があったとしても、貼る壁紙で上手く隠すことができればリカバリーできます。

私は表面にボコボコした石調の凹凸がある壁紙を使いました。これなら下地が下手でも目立ちませんでした。

ベニヤ下地施工と比較してみて

ベニヤはホームセンターでの調達と切り出しが面倒ですが、パテだと水で撹拌するのと砂壁に均一に塗るのが面倒です。

前者は技術が不要(採寸と切り出しさえできればOK)、後者はパテを塗る技術が必要です。

あと材料費ですがベニヤは材料費がかさみます。ベニヤを2.5mmか4mmのどちらをチョイスするかで金額が変わってきますが、耐久性を考えると4mmが良いかも。壁量にもよりますが、

  • 4mmベニヤ1150円×10枚で11500円
  • 接着剤(シリコンシーラント300円×6本)
  • タッカー(SK11 パワフルハンドタッカー)1885円
  • タッカーの針(SK11 T型ネイル 1500本入り NT-14)432円

合計で15617円程度。ちなみにタッカーの針は200本も使わなかったのでかなり余りました。

6畳間の場合、以下のパテとシーラーを使いました。

  • 上パテ(極東Hiスムーズ)10kg×1袋1498円
  • 下パテ(極東Hiスムーズ)10kg×1袋1120円
  • 水性シーラー1364円(15kg6820円の1/5程度使用した想定)

パテは少し余ったので、実質3000円程度かと思います。

まとめ

  • 金額はベニヤの方が高くパテの方が安い
  • 技術はパテの方が高く、ベニヤの方が容易
  • 仕上がりはどちらも問題無いが、パテの方が汚れやすいので掃除が手間かかる傾向あり

自分は今後パテでやっていこうと思います。理由は金額が安いことと、技術力を上げたい欲があるからです。

不動産投資についてnoteにまとめました。もしよろしければ買ってください😭

以前ベニヤ板を使った和室リフォームも記事にしたので是非御覧ください。

和室の砂壁をベニヤ+クロスに変えた件

また築古不動産投資に興味がある方はこちらも参照してください。

webエンジニアが築古アパートを経営してみた結果

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です